ごあいさつ

学校紹介

 加賀看護学校は、医療を取り巻く環境の変化や地域のニーズに伴い、平成8年に看護師2年課程を設置しました。その後、更に高度化、細分化する医療環境の中で、看護に求められるものも大きくなり、看護師3年課程に変更いたしました。
 加賀市立の看護学校として、地域ニーズに合った、時代に対応できる看護師の育成を行っております。

学校長あいさつ

加賀看護学校長 小林 武嗣

 看護師を目指す諸君へ。誰かの役に立ちたい、社会に貢献したいという欲求は、自分自身のための欲求に比べ、それが達成されたときの喜びは、はるかに大きいものです。
 われわれ医療従事者にとって、患者さんからの感謝の言葉は何にもましてうれしいものです。そして医療従事者の中でも看護師は、最も患者さんの側近くにあって「みまもる」存在です。
  いつの時代も子供がなりたい職業の上位にくる看護師、純粋な子供たちだからこそ、感謝されるものと肌で感じるのではないでしょうか。
  看護師になる学びを通じて、知識や考える力、コミュニケーション力を培い人間力を磨くことができます。一方で看護師の資格は、生活力につながるという魅力もあるでしょう。
 都会の喧騒から離れ自然環境の良い当地で、熱意ある教師たちとともに学んでみませんか。同じこころざしを持った人達が集まれば、より力がわき成長することが期待できます。高いこころざしを抱いた諸君をお待ちしています。

加賀看護学校長 小橋 一功


沿革

昭和43年4月 江沼郡医療施設組合立総合江沼病院附属准看護学院開校
昭和48年4月 病院名称を公立加賀中央病院に改める
昭和54年3月 公立加賀中央病院附属准看護学院休校
昭和63年4月 公立加賀中央病院附属准看護学院再開
平成8年4月 加賀山中看護専門学校を開校(附属准看護学院を廃止)
平成17年3月 准看護師課程 廃止
平成17年10月 加賀市、山中町合併により新加賀市
学校名を「加賀看護学校」と改める(設置者 加賀市)
平成18年4月 看護師2年課程定時制募集中止
平成18年4月 看護師3年課程全日制開設(1学年定員30名)
平成20年4月 看護師2年課程定時制廃止
平成26年4月 看護師3年課程全日制(1学年定員36名)に変更